統合失調症 入院の種類 - 統合失調症 入院しても再発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統合失調症 入院の種類

統合失調症になり、重症な場合
入院を余儀なくされるわけですが


入院の種類にもいろいろあります。




どんな種類があるのかというと


措置入院、緊急入院、医療保護入院
任意入院
、です。



「措置入院」

都道府県知事の同意と
精神保健指定医の判断で入院すること。



「緊急入院」

これは読んで字のごとくです。
自分を傷つけたり、他の人を傷つけたりと
誰の手にも負えないときに緊急的に入院させます。



「医療保護入院」

この入院は、本人の意思は関係なく
家族の同意さえあれば入院です。



「任意入院」というのは

統合失調症でも自分自身の認知機能が正常なら
判断や考えがしっかりしているので
本人が同意で入院するということです。

本人が判断能力もあるからこの方法で
入院するのが一番望ましいです。



統合失調症の場合は精神疾患だから
ただの外科や内科とは違って、


特殊だから入院の種類も様々です。



とはいってもたとえ入院しても完全に
治る見込みはほとんどありません。



中には完治する方もいますが
そう数はいないでしょう。



病院は一時的に症状を和らげる
ところでしかなのです。



病院に行っても再発するなら
行っても意味無いじゃん!


と思うのも無理ないですが・・・



でも、病院にいかないと治せないのか
といったらそうでもありません。



世の中には知られていない方法が
たくさんあるもので、


統合失調症も完治できる方法も存在します。



石川史郎という方を知っていますか?



彼は自分の娘が統合失調症になってしまい
何とかしようと医療の先進国である米国に飛び
統合失調症を完治させる方法を学んできました。


石川史郎さんの娘が治ったという治療法を
公開されています。



実際にこの治療法を試した方の
ほとんどは完治することに成功していますので



入院してもどうせ再発するならなぁ・・・
じゃあどうすれば。。


と思っている方は一度ご覧になって
見ると良いでしょう。


入院は絶対避けたい⇒石川史郎氏の治療法
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 統合失調症 入院しても再発 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。